Manfrottoビデオ雲台 MVH502AH

Review

以前紹介したNEEWERのカーボン三脚と一緒に購入していたManfrottoビデオ雲台の記事を書くのを忘れていました。

野鳥撮影界隈では自由雲台や3WAY雲台などはあまりメジャーで無いようです。使用するレンズが重い望遠レンズなので機敏に動く野鳥を追いかけるには自由雲台では微調整が難しく、 3WAY雲台では操作するバーが多く雲台操作が手間になるようです。そこでビデオ雲台だと一本のパン棒で上下左右に自在にパン・チルトができることと、カウンターバランスで好みの位置で静止させておけため人気があるようです。

MVH502AHはAmazonで17000円ほどで購入しました。 価格帯が2万以下でフルード機構(パンとチルトの粘りが調整できる)が付いていてManfrottoから出ているので選びました。
雲台の作りはしっかりしていてずっしりと重量感があります。

MVH502AHの各部

写真はチルト方向のフルード機構の調整ツマミが無段階で調整できて好みの制動を得やすいです。全開に緩めると雲台が軽い力でぷりんぷりん動いて、逆に全開に締めるとジワーッと抵抗感があって結構力を入れてもゆっくりとしか雲台が動かなくなります。調整の幅は広い感じがします。


フルード機能はパン方向にもあり、赤いリングを緩めると軽い力でスルスル動いて、締めると抵抗感がかなり生まれます。パン方向もフルード機能の調整幅は広い感じがします。
無段階であるため、何らかの拍子にツマミ、リングが回ってしまうと元のフィーリングに戻すのに少し手間がかかってしまいます。(何度がパンとチルトしながらツマミとリングを回せば大丈夫です)

この雲台のクイックシューは機材の重心のバランスを取るために前後に3cmほどスライドするようになっていて、小さい三脚座の付いたレンズやカメラに直接装着するには長く大きいため邪魔くさいです。(望遠単焦点とかの大きい三脚座だとちょうど良さそうです)なので、付属の長いクイックシューに小さいクイックシューの台座を装着しています。(クイックリリースアダプターと言うそうです)これを付けて置くと小さい三脚座のレンズでもカメラに直接クイックシューを付けても小さいので邪魔にならないです。小さいクイックシューは1枚あたりが安いので何枚も揃えられます。だたし、耐荷重は クイックリリースアダプター に依存するので注意が必要です。

カウンターバランス(チルトを好きな位置で静止できる)の強さは調整できないので軽すぎるカメラを乗せると 好きな位置で静止できないので注意が必要です。私はSONYのハンディカムで試しましたがカウンターバランスは軽すぎて取れませんでした。(重りを付けるとか重心を高くする工夫をすると軽いカメラとかスマホでもカウンターバランスを効かせることができると思います。)
この雲台の耐荷重が7kgなので3kg ~5kgくらいのカメラだとベストだと思います。

雲台のチルトとパンのロックネジもあってある程度締め込めば完全にロックします。三脚を担いで移動するときは締めると良いです。

使用感

カワセミ撮影でしか使用していませんが、滑らかな動きでカワセミの飛び込みや追尾にストレスがありません。以前は、カメラ買ったときのおまけみたいなビデオ雲台三脚セットを使用していました 。(グラグラでカウンターバランスなんかありませんでした) 雲台を変えてからはスムーズにカワセミを追えるので数段腕が上がった感じがしました。レンズとカメラ相応の三脚と雲台でないと写真の足を引っ張られます 。

この雲台を1年使っていて思ったのが、季節によって動きに差が出ます。正確には気温で使用感が変化します。フルード機能は油を使っているので気温の低い冬は油が固くなり動きが若干悪くなっているようです。夏は滑らかで文句ないのですが・・・

もうすぐ1年の使用になりますが耐久性の方は全く問題ない感じです。塗装も丈夫です。